FFコンサートに行ってきた - Distant Worlds: music from FINAL FANTASY

有楽町の東京国際フォーラムで行われた、「FINAL FANTASY 30th Anniversary Distant Worlds: music from FINAL FANTASY 而立 / JIRITSU」に参加してきました。

www.square-enix.co.jp

思い返すと2002年に開催されたコンサートに初めて参加してから、およそ6回目?の参加です。

感想:

  • 開場時間でなく、開演時間に合わせて行動した
  • 仕事柄ブラボーという言葉に過剰に反応した 笑
  • 天野喜孝さんを初めて見た
  • 海外から来ている人がそれなりにいた
  • 星降る峡谷を聞けた
  • 鈴木瑛美子さんの歌声がとても良く引き込まれた

タイトルにもありますが、今年でFF30周年でした。
同じ年に生まれて、FF5で初めて出会い、FF7で"どうやって作ってるんだろう、作ってみたい"という思いからコンピューターに興味を持ち、社会人でエンジニアとして働いています。

ゲームはあまりやらなくなってしまいましたが、こうして30歳になっても音楽やイベントで楽しませてもらっています。

また、楽天時代には鈴木尚さん担当事業の開発メンバーとしてご一緒する機会がありました。
何やら只ならぬ縁を感じます。

沢山のきっかけをくれたFFに感謝しつつ、今後も応援していきます!

f:id:uu_ka:20171210200100j:plain


www.youtube.com

android studio起動時のプロジェクト一覧にアイコンを表示する

ある時
いつも開きっぱのandroid studioのプロジェクトを誤って閉じてしまいました。
すると、welcome to android studio画面が表示されたのですが、感じる違和感・・・

参考用に眺めていたDroidKaigi2017のプロジェクトだけアイコンが表示されている!!

f:id:uu_ka:20170930015230j:plain

どうググったら良いか分からず、プロジェクト設定の差分を確認すると、

.idea/logo.png

を発見。
同様に設定したら無事表示されました😆

f:id:uu_ka:20170930020244j:plain

参考
github.com

ブービーバードのこけし

f:id:uu_ka:20170709112239j:plain

CHUMSx土湯系こけしのコラボ品の、ブービーバードのこけしを買いました。
しかも大小2つです。こういった伝統工芸品は中々買う機会が無いので大事にしたいですね。

ちなみにペンギンとよく間違われますが、こいつは鳥です笑
ペンギンじゃないよ! | BLOG | CHUMS (チャムス)

このこけしを買うまで知らなかったのですが、伝統こけしは東北地方の温泉地が産地で、なんと11系統もあります。
その中でも、土湯系、遠刈田系、鳴子系は3大発祥地とよばれているようです。

各系統ごとに、様々な特徴があって、用途や発祥となる歴史、素材など様々な視点で見ると色々なことが想像できます。
温泉地が産地ということなので、こけし温泉地を巡る旅をしても面白そうですね。

こけし系統覚え唄というのがありました笑
覚えやすい?かはわかりませんが、乗りやすい曲調で聞いて楽しくなります。


■ 参考
kokemin.com

そこにいる

小林麻央さんの訃報を聞いて、亡くなった母のことを思い出した。

残された家族はこれからも様々な心の葛藤があると思うが、思い出した時、あるいは常にそこにいるのだと思う。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

Xperia Z5 Compact E5823を購入

f:id:uu_ka:20160703210021j:plain

Z5 Compactの海外版SIMフリー端末を買いました。
Xperia X Performanceも検討しましたが、5インチ未満のサイズが無い&技適マーク無しで断念。
Expansysでは暫く品切れ状態だったので、Etorenで注文しました。
Etorenは日本のAmazonにも出店していて、Amazonの倉庫から配送されたため、注文した翌日には届きました。(Amazonから買うより若干安かった..!)
HPにも書いてあるように、一度検品してるらしく起動した痕跡がありました。
端末自体は、保護シートも貼ってあり新品でしたが、気になる人は気になっちゃうかもしれませんね。

海外端末の多くはband19に対応していないので、首都圏と言えど建物内などは電波がつながりにくいです。
まぁでも、つながらない時はつながらないで問題無いのでそこは気にしてません。(カバンにiPad忍ばせているので・・)
あとは、電子書籍を予めDLしておくなどで対処しています。

端末自体は、低スペックなスマホからの乗り換えなので文句なし。
キビキビと動くので感動ですw
そして最近はブラックばかり選んでいた反動で、イエローを選択。
心までイエローな明るい感じになりますよね。

暫くは相棒になりそうです。

Apache2.4.3をソースからインストール

apache2.4.3をソースからインストールしたのでメモ

ソース取得から展開まで

ソースは、Apacheのサイトから取得する。

# cd /usr/local/src/
# ls
# wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache//httpd/httpd-2.4.3.tar.gz
# ls
httpd-2.4.3.tar.gz
# tar xvfz httpd-2.4.3.tar.gz
# rm -rf httpd-2.4.3.tar.gz

必要なライブラリ群のインストール

必要なライブラリをインストールする。gccとかmakeとか

./configure でエラー見て確認でいいのだろうか、、?
yumの開発ツール一括インストールすれば一気に入るけど、余計なものもたくさん入ってしまう。
必要なのはほとんど入ってるっぽいので、Development toolsのくだりは飛ばし。

# yum grouplist | grep Development
Development tools
Additional Development
Desktop Platform Development
Server Platform Development
# yum groupupdate "Development tools"
# yum groupinfo "Development tools"
# yum groupinstall "Development tools"

APRとAPR utilをインストールする。

# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//apr/apr-1.4.6.tar.gz
# tar xvfz apr-1.4.6.tar.gz
# rm apr-1.4.6.tar.gz
# cd apr-1.4.6/
# ./configure
# make
# make install
# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//apr/apr-util-1.5.1.tar.gz
# tar xvfz apr-util-1.5.1.tar.gz
# cd apr-util-1.5.1
# ./configure --with-apr=/usr/local/apr/
# make
# make install

pcreをインストールする。

# yum install pcre-devel

コンパイルからインストール

Apacheには、様々な機能がありそれらを静的もしくは動的に組み込むことができる。

  • 静的に組み込むとは、コンパイル時に組み込むことを指す。
  • 動的に組み込むとは、起動時に呼び出すよう設定することを指す。

使用の有無にかかわらずLoadModuleされている機能は必ず読み込む。
違いは、コンパイルし直さなくても設定ファイルを編集して再起動することによって動作の有無を変更できる点にある。
動的機能を利用するためには、mod_soを静的に取り込む必要がある。
間違ってたらゴメンナサイ、、、(._.)
今回は、mod_soとmod_sslmod_rewriteを静的に取り込み、その他を動的オブジェクトとして取り込む。( --enable-mods-shared=allで全てがはいるわけではないっぽい)
その前に、opensslのバージョンが古いみたいなので怒られたのでインストールする。

# yum install openssl-devel
# ./configure --enable-so --enable-ssl --enable-module=rewrite --enable-mods-shared=all
# make
# make install

※ 環境によって、足りないライブラリは異なるのでその都度インストールすること。

起動スクリプトとサービス登録

# cp /usr/local/src/httpd-2.4.3/build/rpm/httpd.init /etc/init.d/httpd
# chkconfig --add httpd
# chkconfig httpd on
# chkconfig --list httpd
httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
#vi /etc/init.d/httpd
# パスを変更
httpd=${HTTPD-/usr/local/apache2/bin/httpd}
CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf
pidfile=${PIDFILE-/usr/local/apache2/logs/httpd.pid}

起動確認

# /etc/init.d/httpd start
Starting httpd: [ OK ]

ブラウザからIt worksが表示されることを確認する。

バージョン確認

# /usr/local/apache2/bin/httpd -v
Server version: Apache/2.4.3 (Unix)
Server built: Oct 8 2012 21:09:07

実行ユーザの設定

サーバーが不正にアクセスされた場合でも被害を最小限に抑えるために、必要最低限の権限を持ったユーザーでサーバを実行する。
Apache用ユーザーを作成してそのユーザーがサーバーのリクエストに応答するように設定する。
ちなみに、root権限で立ち上げた後、設定ファイルのユーザで子プロセスを起動してるよう。

# groupadd apache
# useradd -g apache -d /var/empty/apache -s /sbin/nologin apache
# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

# apacheユーザとグループに変更
User apache
Group apache

# chown -R apache:apache /usr/local/apache2/htdocs/*
# /etc/init.d/httpd restart
Stopping httpd: [ OK ]
Starting httpd: [ OK ]
# ps axuwf | grep httpd
root 30293 0.0 0.0 6380 660 pts/0 S+ 22:33 0:00 \_ grep httpd
root 30179 0.0 0.1 75576 2912 ? Ss 22:11 0:00 /usr/local/apache2/bin/httpd
apache 30181 0.0 0.2 485372 5136 ? Sl 22:11 0:00 \_ /usr/local/apache2/bin/httpd
apache 30182 0.0 0.2 485372 5152 ? Sl 22:11 0:00 \_ /usr/local/apache2/bin/httpd
apache 30183 0.0 0.2 419836 4616 ? Sl 22:11 0:00 \_ /usr/local/apache2/bin/httpd

ログローテート

accsess_logとerror_logをログローテートさせる。
今回は月1でログローテート。

/usr/local/apache2/logs/access_log /usr/local/apache2/logs/error_log {
missingok
notifempty
monthly
sharedscripts
postrotate
/sbin/service httpd graceful 2> /dev/null || true
endscript
}

調べまくってわっと書いたので、間違いたくさんあるかも知れませんがご容赦くださいmm

mysqlクライアント立ち上げに失敗する。error: 'Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2)'

mysqlサーバを立てて、クライアントを立ち上げるもつながらない。

# /usr/local/mysql-5.5.27/bin/mysql
ERROR 2002 (HY000): Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2)

mysql.sockにつなげないらしい。
調べてみると、mysqladminでどこにあるかわかるみたい。

# /usr/local/mysql-5.5.27/bin/mysqladmin version
/usr/local/mysql-5.5.27/bin/mysqladmin Ver 8.42 Distrib 5.5.27, for Linux on x86_64
Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Server version 5.5.27
Protocol version 10
Connection Localhost via UNIX socket
UNIX socket /tmp/mysql.sock
Uptime: 4 min 23 sec

設定ファイルを見てみると、、、

# cat /etc/my.cnf
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

/tmp/mysql.sockに直してあげると、無事起動。

http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/problems-with-mysql-sock.html
https://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/option-files.html